カハカイ・ミニワンピース

チューブトップ・膝丈フレアワンピース
【カラー】バティックブルー、トロピカルグリーン、タイダイブルーxコーラルの3色展開。
【価格】6800円(税込) 会員様は6120円 送料は5000円以上なので無料です。お買い得☆


チューブトップスタイル

バスト、ウェストはゴム仕様

落ち感にこだわったフレアスカート

着やせのエンパイア切り替え

ゴムで多少長さが調節できる

Q.HEART ビーチリゾートファッション

Q.HEART ビーチリゾートファッション

Q.HEART ビーチリゾートファッション

Q.HEART ビーチリゾートファッション

Q.HEART ビーチリゾートファッション

Q.HEART ビーチリゾートファッション


【素材】柔らかく、落ち感のあるエレガントな麻素材。
汗をかいても、一日中サラサラなのが嬉しい。そして、リネンは涼しく丈夫なのが、夏にはおススメです。透けないペチコート要らず!


【カラー】3色柄ともに、職人のハンドメイドによるもの。一つづつの表情が違うのが魅力!
★バティックブルー
ブルーな気分っ!ロウケツ染めによってできあがる柄は、夏の、海のイメージでブルーにしました。サマータイムは、こんな青で着飾りたい!

★トロピカルグリーン
南国のイキイキとした植物を、柔らかく優しいタッチで描きました。職人の手描きによるものなので、植物がひとつづつ違うように、柄が全部違います!

★ピンクxブルー・タイダイ
海とコーラルイメージのトロピカルなタイダイ柄。
職人のハンドメイドによって仕上げるため、一つずつ表情がことなるのが温かみ抜群!


【デザイナー一押しコーディネート】

★ビーチで着る
ビキニの上からさらりと一枚。つば広帽で日焼け防止。カジュアルにビーチサンダルでよし!
かごバッグやアクセサリーで海の雰囲気を出してほしい。
二の腕が気になる、という人は、ハイビスカス刺繍のボレロをおススメ
肩幅が気になる人は、スカーフで対応するのも技。

★リゾートで着る
リゾート旅行にピッタリなワンピースは、軽くてかさばらないので、トランクケースに詰めて出かけてほしい。
ビーチ周りでも活躍だけど、ディナーやサンセットカクテルなどの、高級ホテルの機会にもピッタリ。
足元は、ウェッジソールやストラップサンダルなど、お上品でサマー感があるものを選びましょう。
イアリングも涼し気なクリスタルが相性よし。
二の腕が気になる、肩を出したくない、というレディスには、ハイビスカス刺繍のボレロをおススメ☆彡

★シティで着る
一枚上から羽織るのが無難なコーデ方法。
スポーティなら、パーカーxスニーカー。その時は丈をちょっと短めにするのがスタイルよくみえるコツ
エレガントなら、ジャケットxヒール。首元の開きが気になる人は、スカーフなど巻くと落ち着くはず。

★パーティで着る
麻素材のワンピースを二次会などのパーティで着こなすなら、素材感がカジュアルなため、
小物は思いっきりゴージャスにスタイルアップしてほしい。
ピアスは大き目のパールで、ショールにラメの入ったもの、バッグはサテン生地にビジューが付いたものなど!
シューズもビジューが付いたセクシーなヒールサンダルなどをおススメ。
エレガントなパーティなら、ジャケットを羽織るのもあり。


【サイズ】Mサイズ。
丈75僉▲丱好28
★日本サイズ展開 ☆平置きした状態で採寸。

【フィッティング】ルーズフィット

【お洗濯】水で洗濯機で洗えますが、ネットに入れたり、愛情たっぷり手洗いすると長持ちします。

【お問い合わせ】商品についてのお問合せは、お気軽にLINE(maaimaaimaaimaai)、Email(maaimaaimaai@q-heart.com)にて!
お問合せの前にメールアドレスを事前に登録くださいませ。返信が来ない場合は、迷惑ボックスを確認ください。LINEにてもお問合せ受け付けております!


【ワイキキ・デイズ・シリーズ】
ビーチとシティライフが混ぜ合わさったワイキキ。不思議な町で、不思議なヴァイブ。
田舎でもないし、都会でもない。
そんな場所には、様々なシーンが隠れていたので、色んなファッション・スタイルを楽しんだ。
ビーチは、観光地のメッカであるワイキキに欠かせないアクティビティ。
ビーチにはイージーでビキニの上から簡単に着れるワンピが重宝。
夜のシーンは、おめかし。
ファッションや美容系のイベント/パーティには、もちろんヒール。普段のワンピースをスタイルアップ。
ワイキキの有名ホテルであるジャズナイトや、ブルーノートには、思い切りグラマラスなワンピにハイヒール。
バーベキュー・ホーム・パーティには、カジュアルで一枚でもかわいいワンピを。
気張りすぎているのはNG!ハワイアンカルチャーでは、家では靴を脱ぐ習慣なので、一枚勝負!

ノースショア、カイルア、マカプー、サンディビーチなど、タウンからドライブで出かけるデイ・トリップも、私のワイキキ・デイズ。
そんな私が過ごした2か月のハワイ滞在をバックグラウンドにデザインしたコレクション。


【インスピレーション・ストーリー】
ハワイ旅行の現地服、コーデ。ファッション。
ハワイでも相変わらず、海とビーチに入りびたりで、夏休み最終日の小学生の用に真っ黒になった私。
サーフィンの前に、あそこのビーチでちょっとゴロリ
。ビーチバレーボールを友達がやってるので、あそこのビーチに大集合。
気分を変えて、ワイキキの端の観光客が少な目のビーチでワイワイ。
偶にはドライブして、クレイジーなボディボーダーたちを見に、マカプーやサンディービーチ、そして人がいないシーンとした綺麗なビーチまでブーンと。
どのビーチもちょっとずつバイブが違うのでその日の気分に合わせて。
ハワイのローカルたちは、ビーチグッズをみんな持ってて、ビーチチェアやビーチパラソル、クーラーボックスとか、BBQグッズとハワイアン・レゲエミュージックを車に詰め込んで、ビーチデイに出かけるもの。

こんなどこでもビーチ・デイがインスピレーション。ビキニの上からさらっと着て、どこのビーチにでもいけちゃうようなワンピース。そしてビキニの着替えも楽ちんで上からも羽織りやすいのがイメージ。
ハワイ語 KAHAKAI=ビーチ
型番 17s-d18
販売価格
6,800円(内税)
カラー・柄
購入数

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています