バイロンベイ・ロングシャツワンピース

ハーフスリーブ・ロングシャツ・ワンピース

ゴム仕様で絞った、ハイウェストライン

シャツとしてもワンピースとしても

大き目のココナツボタン

旬なアンクル丈

胸元美人のVネックカット


【価格】7,200円(税込) 会員様は6,480円 送料は5,000円以上で無料です。お買い得☆


【素材】柔らかい薄手のレーヨンボイル素材。
乾きやすくサラサラなのが嬉しい。
シワは、100均で売っているような霧吹きで水をかけておいておくと、自然にとれます!裏ワザ・アイロン要らずが嬉しい!


【カラー】タイダイ・グラデーションは、パープルグレーxフォレストグリーン、グリーンxマスタードの2色。バティック(ロウケツ)染めは、ヴィンテージ・ドットブラウン。

どちらも染色職人の手作業によって仕上げられます。そのため、一つ一つ表情が違ったり、小さな染めじみがあることがありますが、ハンドメイドの温もりです。お楽しみください。


【サイズとフィッティング】Mサイズ。ルーズ・フィット
丈:約121僉▲丱好函約46僉袖丈:約25僉肩幅:約42僉▲◆璽爛曄璽襦約27
★日本サイズ展開 ☆平置きした状態で採寸















モデル:グリーンxマスタード使用―168



モデル:ビンテージドット・ブラウン使用―168




モデル:ビンテージドット・ブラウン使用ー154


【着用ムービー】



【デザイナー提案のコーディネート】
★ワンピースとしてシティで着る
シティで着る場合は、シューズやバッグでシティ感をたっぷり取り入れましょう。
ショートブーツやベルトなど、シティアイテムを加えて、個性を出すのも◎。

オシャレに自信があるレディースは、スニーカー+ハットなどでカジュアル・スポーティ・スタイルにも、是非チャレンジしてもらいたい。


★ワンピースとしてリゾートで着る
ペタンコサンダルでコーデをおすすめ。バッグも麻やストローなど夏素材のものを選んでほしい。

アクセサリーはじゃらじゃらよりも、抜いて主張するスタイルを!
麦わら帽子を+すると、もっと雰囲気がでるはず。









モデル:パープルグレーxフォレストグリーン使用 165


★羽織として着る
パンツスタイルに、ロングシャツとして取り入れるのは、おしゃれさんの着方。その場合は、インナーや小物は、シンプル・コーディネートを心がけましょう。

ぐっとシャツのインパクトがアップして、スタイリッシュにまとまるはず!



【お洗濯】洗濯機で洗う場合は、ネットに入れていただくか、手洗いをおすすめします。


【お問い合わせ】商品についてのお問合せは、お気軽にLINE(maaimaaimaaimaai)、Email(maaimaaimaai@q-heart.com)にて!
お問合せの前にメールアドレスを事前に登録くださいませ。返信が来ない場合は、迷惑ボックスを確認ください。LINEにてもお問合せ受け付けております!





【インスピレーション・ストーリー】
旅先での五感やフィーリング、出会い、空気、出来事、色んなシーンから降りてくるクリエーション。
デザインとともにお楽しみください★



【オーストラリア、バイロンベイ】

バリに10年以上もいて、すぐそこのオーストラリアには一回も行ったことなかったので、インスピレーションを探しにバイロンベイに行こうかなーなんて、思ってた。

たまたま、バイロンベイ在住のオージーとあって勧められたり、バイロンベイ在住の友達がバリに着たりで、このタイミングだ!と弾丸トリップしてきました★

サーフィ―で、オシャレでゆるーい街として大注目のバイロンベイ。
私が思ったよりももっと都会で洗練されてたけど、街自体が小さくこじんまりしている感は悪くない。
私はチャリで街をぐるぐる。

オシャレなコーヒーショップや、エコショップ、ブティックがずらりと立ちならんでた。
壁画アートが街のいたるところにあったり、街角で演奏しているおじさんがいたりと、他の都市に比べて自由な感じ。


バイロンベイのビーチでは、サンセット時になると語り弾きミュージシャンが毎日プレイしだすんだって。

この時間帯、ビーチ沿いの芝生は大賑わい。

ライブミュージックを聞いている人もいれば、友達と談笑している人もいて・・・。

こんな海とおしゃれな感じに囲まれた、自由なライフスタイルが、’バイロンベイ′なんだろうね。



型番 19s-d13
販売価格
7,200円(内税)
カラー
購入数