アイスバーグ・キャミトップ

麻ストライプ・ボタンダウン・キャミソール

ココナツボタン

バックリボン・スタイル

セットアップでも着れる、ゆったり目のクロップド丈

着回し抜群



【価格】5,000円(税込) 会員様は4,500円 送料は5,000円以上で無料です。お買い得☆



【素材】薄手で、風合いのあるレーヨン・リネン素材。
サラサラして涼しいのが特徴。



【お洗濯】水で洗濯機で洗えますが、ネットに入れたり、愛情たっぷり手洗いすると長持ちします。
リブは伸びやすいので乾燥機はお控えください。



【カラー】イエロー・グリーン(黄緑xカーキ)、ブルー(ブルーx水色)、モスグリーン(モスグリーンxゴールド)の3色と、ナチュラルの計4色。




ストライプは、シルクスクリーンのハンド作業によってプリントされ、その後にヴィンテージ感を出すためにウォッシング加工で仕上げております。

そのため、機械プリントと違って、プリント染みやにじみがあることがありますが、ハンドメイドの温もりです。ご了承の上、お買い求めくださいませ。

ナチュラルは、ウォッシュ加工のみになります。レーヨンリネンの風合いをよりお楽しみいただけます。






















モデル:身長168



【着画ムービー】

モデル:身長154



【サイズとフィッティング】Mサイズ。ルーズ・フィット
バスト:約40僉⊃幅:約48僉⊂罅約42僉肩幅:約32
★日本サイズ展開 ☆平置きした状態で採寸







【デザイナー提案のコーディネート】

★セットアップで、ボックスミニスカートとコーデ
短めの丈なので、ハイウェスト気味のスカートとコーデすると足長効果あり。
スタイルよく見えます。
足元は、ショートブーツでヒップスターな着こなしでもよし、スニーカーでカジュアルにまとめるのもよし。

町でも取り入れやすいリゾートスタイル!


モデル:身長165
>>セットアップで着れるスカートをチェック



リネンのロングパンツとコーデ
ハイウェストな麻のテーパード・パンツとコーデ。
丈感がポイント。カジュアルに着こなすなら、足元は断然サンダルだけど、ちょっとしたお出かけしようなら、ヒールがあるものを選ぶのもよし。





モデル:身長165
>>リネン・ロング丈パンツをチェック



コットンのマキシ丈スカートとコーデ
ハイウェスト気味のマキシ丈コーデするのも、クロップドの丈感がポイント。

インナーには、ビキニをスポーツブラ替わりとしてコーデするのもおススメ。
足元は、スリッポンでカジュアルスポーティにまとめるのもよし、サンダルでサマーな演出もあり!


モデル:身長165

>>インナーのスポーツブラトップをチェック






モデル:身長154

>>コットンのマキシ丈スカートをチェック
>>インナーに大活躍のビキニトップをチェック


タイダイ柄のラップスカートとコーデ
ラップスカートとコーデすれば、リゾート系コーデの完成。
足元は、サンダル、スニーカー、ブーツ、どれもばっちりだと思います!
バッグなので、オシャレ感をプラスするのもおススメ。





モデル:身長154

>>タイダイ柄のラップスカートをチェック




★デニムショートパンツとコーデ
ハイウェストのデニムパンツとコーデ。
スニーカー、サンダル、ブーツなど、TPOや気分に合わせて着まわしてほしい。


モデル:身長162



★デニムパンツとコーデ
ハイウェストでゆるーい感じのデニムパンツとコーデをおススメ。
足元は、サンダルでもスニーカーでも。ゆるーい海のファッションを楽しんでもらいたい!







モデル:身長168



バティックプリント・ショートパンツとコーデ
ココナツリーフ・プリントのショーツで、トロピカルテイスト。
ハイウェストで相性抜群、着やせ効果あり!
ビーチで着るのもおススメだけど、リゾート旅行でも大活躍になること間違いなし!


モデル:身長154

>>ゴムウェストのショートパンツをチェック




【お問い合わせ】商品についてのお問合せは、お気軽にLINE(maaimaaimaaimaai)、Email(maaimaaimaai@q-heart.com)にて!
お問合せの前にメールアドレスを事前に登録くださいませ。返信が来ない場合は、迷惑ボックスを確認ください。LINEにてもお問合せ受け付けております!



【インスピレーション・ストーリー】
椰子の木がどこまでも続く、南国の景色、洗練されてヒップなビーチタウンなどなど、
こんな背景をバックグラウンドに生まれてきた、2020ココ・トライブ・コレクションです。

デザイナーの旅物語も、コレクションと共に楽しんでいただけますように★





【オーストラリア・シドニー】
ボンダイビーチに来たら、お決まりはコスタル・ウォーク。

海沿いのお散歩コースなんだけど、ボンダイビーチからスタートして、タマラマビーチ、ブロンテビーチなどなど通り越して、最長は6KMのクージ―ビーチまでいけるという。

なめてたけど、結構、本気にエクサ―サイズできる、海辺お散歩コース!


どこもかしこも絶景でフォトジェニック。

海のブルーと空のブルー。

そして、ドラマティックな岩と、オーストラリアの波がマッチしてる。


時折、塩クジラがジャンプして姿を現すのも魅力的。



海に隣接する、有名なプールの景色もみたよ。

海の水がプールに入ってくる自然な感じが迫力ある。


ボンダイビーチのプールは有名だけど、実はプールカルチャーはどこのビーチにもあるらしい。
コスタルウォークでも、数々のビーチで見たよ!

オージーの友達曰く、ひと昔前、経済がうまくいってなかったときに、国民に仕事を与えるために作られたカルチャーらしい。


ウィークエンドには、友達と待ち合わせして一緒にお喋りしながらウォーキングしたり、ジョギングしたりするのも、カルチャーの一つみたい。


シドニーってシティだけど、こんな海のカルチャーがあるのが好きだった。
スポーティな町は、リラックスしてていい!





型番 20s‐t07
カラー
購入数
20S品番は早割オーダーキャンペーンになります!ウェブショップストックは2月上旬入荷。