クリーブランド・リネンパンツ

麻コットン・テーパード・パンツ

ゴムウェスト

フロント・タック

身長の応用が利く、折り返ししやすい裾丈

ココナツプリント・インサイドのサイドポケット

ハイウェスト

腰回りはボリュームあり、足首周りにかけて細目になる、旬なテーパードシルエット



【価格】6,400円(税込) 会員様は5,760円 送料は5,000円以上で無料です。お買い得☆



【素材】コットンとリネンの混合素材。
夏、リゾートの素材感たっぷりのコットンリネン。
通気性がよく、上品な夏の質感が極め。しわが気になりにくいのもリネンならではの特徴です。



【お洗濯】洗濯機で洗う場合は、ネットに入れていただくか、手洗いをおすすめします。
日陰干しください。


【カラー】ベビーピンク、キャメル、カーキの3色。

こちらは、手染めによってできあがります。そのため、仕上がりにムラや染めじみがあることがありますが、ハンドメイドの温もりです。ご了承の上、お買い求めくださいませ。

ピンクは多少透け感あります。
















【サイズとフィッティング】Mサイズ。レギュラー・フィット
ウェスト(ゴム仕様):約25僉⊂罅約120僉∩宛埔紂約26僉後ろ股上:約34
★日本サイズ展開 ☆平置きした状態で採寸










【デザイナー提案のコーディネート】
★セットアップでキャミソールとコーデ
ハイウェストとクロップド丈の相性がばっちり!
カジュアルにタウンでも、ビーチ周りでも着こなしてもらいたい。
タウン使用だと、デニムジャケットを羽織ったり、スニーカーを履いたりとシティアイテムをプラスしてみてください!









モデル:身長168

モデル:身長158

>>セットアップでコーデできるキャミソールをチェック



★セットアップで着れるジャケットコーデ
スマートカジュアルスタイル。インナーはリブのキャミソールでカジュアルに。
シャツスタイルも挑戦してもらいたいもの!

足元はスニーカーもよいけれど、サンダルでエレガントに仕上げるのもよし!


モデル:身長168
>>セットアップで着れるジャケットワンピースをチェック
>>インナーに使用したリブのタンクトップをチェック



ココナツリーフのプリントシャツとコーデ
ファンキーにキャスケットをプラスして、オシャレコーデするのもあり。
足元も、シティ仕様なシューズをプラスするのもおススメ。



モデル:身長165
>>ハーフスリーブ・シャツをチェック



シックにカラーをまとめて、大人っぽく着こなすのもおススメ。
ヒールを履くとエレガントに早変わり。

モデル:身長158
>>ハーフスリーブ・シャツをチェック


トロピカル&リゾートなコーデ。
ビーチでさわやかに着こなすのもありだけど、タウンでリゾート感を出すコーデにもチャレンジしてもらいたい。


モデル:身長161
>>ハーフスリーブ・シャツをチェック



リブの半そでTシャツとコーデ
カジュアル・タウンウェアな着こなし。
シティでも着やすいコーディネートです。





モデル:身長165
>>リブの半そでTシャツをチェック





モデル:身長158
>>リブの半そでTシャツをチェック



リブのタンクトップとコーデ
オシャレな大人のリゾート風カジュアルファッション。
シンプルだけど、ディティールが重要で、センスが光るコーデ。


モデル:身長165
>>リブのタンクトップをチェック






モデル:身長168
>>リブのタンクトップをチェック



麻のノースリーブシャツとコーデ




モデル:身長158
>>ストライプのノースリーブ・シャツをチェック


ストライプのジャケットで大人コーデ
レーヨンリネンのストライプ・ジャケットを羽織りでコーデ。
付属のベルトを付けてもかっこよくスタイリングできます。
インナーはスッキリ、リブの白キャミソールを。
大人のスマートカジュアルスタイルの完成。
TPOに合わせて、足元は、サンダル、ローファーなど履きこなしてもらいたい。






>>ストライプのジャケットをチェック
>>インナーに使用したリブのタンクトップをチェック


タイダイ柄のロング丈カーディガンとコーデ
シティでも取り入れやすい、ロング丈カーディガンをコーデ。
リゾート風にサンダルでコーデもあり、セレブ風にスポーティ・シューズをコーデするのもおススメ。



>>タイダイ柄のロング丈カーディガンをチェック
>>インナーに使用したリブのタンクトップをチェック


リボンフロントのカットソーとコーデ
スポーティ・ビーチスタイルならば、ハイウェストと相性のよい、スポーツブラビキニxフロントリボンのカットソー。
リゾート地での夜遊びや、ビーチクラブ、クルージングなどなど、海周りでのコーデを楽しんでもらいたい。













>>リボンフロントのカットソーをチェック
>>インナーに使用したスポーツブラをチェック



【インスピレーション・ストーリー】
椰子の木がどこまでも続く、南国の景色、洗練されてヒップなビーチタウンなどなど、
こんな背景をバックグラウンドに生まれてきた、2020ココ・トライブ・コレクションです。

デザイナーの旅物語も、コレクションと共に楽しんでいただけますように★



【オーストラリア・シドニー・CBD】

ステイ先のボンダイ・ビーチから、RED FERNまで、友達に会いに夜の町をアドベンチャー。

RED FERN、SURRY HILLSのこの地域は、CBD(セントラル・ビジネス・ディストリクト)ビジネス街の近郊にあって、おしゃれなレストランやバーが軒を並べるエリア。

ひと昔はかなりDodgey(危険)エリアだったというけど、今では整頓されて、ヒップになってきているらしい!

お店に格子がある土地は、ちょっと危ない地域という常識だけど、ここの町はどの店も格子があった。


みんなで待ち合わせして、CLEAVELAND ストリートの街角バーでワイン。

こんな町中でも、サーファー仲間だから、話題はめっきり波乗り!


それから、近所の友達の家でまったり1杯ワイン飲んで、レバニーズ料理のディナーに連れて行ってもらいました。

さすが、異国文化が混ざったオーストラリア。
世界各国の料理が、本場感覚で楽しめる。

これもシドニー在住者が、口をそろえて自慢するポイントの一つ。

またここでもワインを飲んで、最後にはJAZZ BARへはしご。

こんなシドニーシティ・ライフスタイルを楽しんだよ!

自分がどこの土地にいるのか分からなくなった気分だったけど、気取ってない感じが好きだったかも。


型番 20s-b01
カラー
購入数
お問合せください。

この商品を購入した人は、こんな商品も購入しています